クライアントの皆様の声

30代女性H・Tさま (ビジネスパーソン)

初めてのコーチング。安子さんで良かったです! 安心して話せる雰囲気づくり、お話の中から自然に考えを引き出してくれて、漠然としたものが具体的になっていく。 安子さんがこれはどういうこと?と確認していただけることで、違う角度から考えて、説明しようとすることで纏まっていなかった考えや感覚が少しずつ具体的になっていきました。 仕事では事業アイデアを色んな方にぶつけて、対話から新たな発想や気づき、構想の具体化をすることが多くて、一人で考えても行き詰まってしまう。 自分の生き方やどうしたいのかも同じなのかな。と。 今回の経験でコーチングの良さを実感できて、定期的に受けることで自身がバージョンアップしていけそうなそんな感じがしました! また、よろしくお願いします。

​ヘルスマネジメント株式会社 代表取締役 小野和成様

「自分にコーチをつけると全然違うよ!」元々生命保険会社の新任支社長として赴任した私が、部下のマネジメントについて悩んでいた時にある人に紹介されたのがきっかけでした。当時は単純に部下への対応方法へのコーチングや、営業社員のリクルーティングに対するコーチングが中心でした。
ある時に鈴木コーチより、「小野さんの最終的な夢って何?」と質問され、自分は本当は将来何をしたいのかと明確になっていないことに気づきました。漠然とは将来自分の会社を持ちたいと
思っていましたが「いつまでに?」「どんな会社を?」と具体的に質問される中で自分の中でもより具体的な自分の会社像が明確になってきました。「45歳までに」「社員を財産として大切にする会社」いつの間にか自分の中ではっきりと自分の会社のイメージが出来てきました。その為に今はどういった経験が必要か?どんなスキルを身につける必要があるのか?そういった自分のビジョンが明確になった中で生命保険会社から健康関連会社の執行役員への転職の誘いがあり、自分は迷わず転職を決断しました。小さなベンチャー企業でしたが生命保険会社では経験出来ない、仕入れ、在庫管理、資金繰りを身近で学べると思ったからです。そして、2005年9月に目標の45歳よりも4年早く41歳で自分の会社を設立することが出来ました。毎週のコーチングの中でいつも私の最高の支援者であり、理解者である鈴木コーチがいてくれたからこそ、今の自分があると思っています。本当の意味での目標達成はこれからですが、少なくとも1つのステップまでは着実に昇れた、自分と鈴木コーチの「ごきげんコーチング」に対して誇りに思っています。

​​20代女性Y・Sさま (新婚2か月)

何気なくいった言葉の裏側・奥の方にどんな気持ちや考え方が隠れているか細かく拾って、考えさせて、代わりに言語化してくださって。自分がマイナスな気持ちに入って抜けられなくなるスイッチがどこにあるのか、新しく知ることができました。
焦らなくて大丈夫、これから
忙しくなるよ~とさりげなくいってくださってなんだか本当にそうなるような気がしてきました。じんわりとパワーがチャージされてきた感覚です。私は今幸せだけど、もっと幸せになりたい最上志向の持ち主!と、明るい気持ちで、少しずついろいろなことを経験してみる一年にしたいな、と思いました!

​​40代女性M・Kさま (歯科衛生士)

安子コーチのコーチングは、まさしく『Spring』です。
『Spring=春』私の春のイメージは、あたたかさと始まりの季節なのですが、コーチングを受けると、「そもそも、どういう思いでこれを始めたのか」や「これをしているのは、○○のためだった」など初心に帰ることができる瞬間があります。それも、ふりだしに戻るという感じではなく、あたたかさの中でスタートラインに立てる感じなのです。
そうすると、滞っていた事や出来ずにいた事から一歩踏み出している自分が居ます。『Spring=泉』安子コーチの問いかけによって、泉のようにアイデアや体験、想い等をどんどん話している自分が居ます。また、コーチはそれを溢れさせるだけでなく「この言葉、たくさん出てくるよ」とか「その思いをどう伝える?」など、すくいあげてくれるのです。その事で単なるアイデア・体験・想いが私の中で活かされた物になっていきます。『Spring=ばね』安子コーチは、今現在の私を等身大で受け止めてくれるのですが…時に「(今だ)ジャンプ!」というときがあります。(実際にそう言うのではないのですが)そして、そこには実際に飛び出せる自分が居るのです。学会発表しちゃいました♪今の自分が受け止められているという土台が、ジャンプを可能にしてくれるのだと思います。『私がSpring』実は…安子コーチのコーチングによって、私がSpringになれていました。私らしく、自信を持って選べる自分になれています。

​​30代女性Y・Kさま (コンサルタント会社勤務&コーチ)

安子さんとのコーチングセッションで気がついた大切な事。まず自分の心の中にある言葉を口にする事の大切さ。
それを感じられる理由は、コーチとの信頼感、コーチが与えてくれる肯定感、安心感、でも感情だけに流されない冷静な視点にあると思います。その中で感じた、ありのままの自分を受け入れられる事の大切さ。
これは私にとってとても大きく、ずっと手に入れたいものでした。前向きに頑張っていても、不安になったり、自己嫌悪を感じたり。でもなかなか人に弱みを見せられない。“私はこうあるべき”“こう見られたい”そんな思いが強い時でも、“そんなに頑張らなくていいんだよ”“どんな時にも味方だよ”と言うコーチの無言のメッセージに、包まれているような気がします。自分と向き合い、自分の事がもっと好きになる。この心地よい感覚を、一人でも多くの人に感じて欲しい。夢を実現し、人生を思い切り楽しむために、コーチとの時間を、多いに活用して行きたいと思っています。

​40代女性T・Kさま (ファイナンシャルプランナー)

私が鈴木コーチに出会ったのは、現状脱出の方法ばかり考えている頃でした。現状脱出と言っても、何ができるのか?何がしたいのか?自分自身でもわからず毎日夢物語のようなことばかり、行動は何も起こさず考えておりました。同じ場所をぐるぐる徘徊しているようで、思考はどうどう巡りでした。苦しくても何も変わることはありませんでした。行動を起こさないのですから、何も起らないのは当たり前です。そんな状態でお会いした鈴木コーチは、「あなたのままでいいんじゃない?」と、簡単に私を承認してくださいました。自分自身が私を受け入れられないのに、どうして他人の安子さんが受け入れてくれるの?理由はどうあれ、認めてもらうことは大変気持のいいものでした。不思議なもので、人が私を好きだと言ってくれると、私も自分が好きになってきました。この時ばかりは単純ノー天気な自分に感謝しました。鈴木コーチの、コーチングを受ける様になって更に自己肯定感が強くなり、一歩前に出る行動力がついてきたように思います。今、他人に好きだと言われなくても、私は自分が大好きです。

 

©2020 by 鈴木安子。Wix.com で作成されました。