2016年

10月

09日

アウェアネス

気づくこと。

気づけば変えようがあるが、気づかないことには変えようがない。
例えば同じパターンを繰り返す時。
よく忘れ物をする人の場合、繰り返していることには気づいたとしても、どうしたら忘れ物をしないようにできるか、そのことには気づいていなかったりする。

 

もちろん、意識的に色々な事を試すことはできる。
メモに書いておく/時間に余裕をもつ/指さし点呼/必ず"忘れ物はない?"と問いかける等々・・・

それでもパターンは繰り返されたりする。

おそらく忘れてもどうにかなる術の方が身についてしまったのかもしれない。

 

忘れ物の場合、特に自分だけが困るという場合にはまだいい。

 

では、人間関係のうまくいかないパターンはどうしたらいいのか?

人は学習することができる。

だから、本当にどうにかしたいなら知識を得て知識を得て知識を得て
これまでと異なるあらゆることをして本当に欲しい結果を手に入れる。
大切なのはその過程において「気づく」ことなのかもしれない。

 

それも目に見えることでなく深いところで気づくそれ。

私たち人間は感情の動物といわれている。

わかりやすい感情は喜怒哀楽として現れる。
特に子供の頃は一目瞭然。

 

しかーし大人はちとややこしい。

自分の感情や奥底にある想いに気づくことすら日常ではスルーしてしまいがち。

だから時には、方法を追いかけるのは少しおいておいて、ちょっとした変化に気づくこと、そこから始めればいい。

 

*******

アウェアネスAwareness)または気づきは、主に意識に関わる研究の文脈で使われる学術用語で、人が何らかの情報にアクセスできて、その情報を行動のコントロールに利用できる状態のこと[1]

 

人間は自分の脳内で行われている処理であっても、そのすべてに関して気づきを持っているわけではない。むしろ逆にほとんどの処理は気づきを伴わず進行する(これは一般に無意識と呼ばれる)。       ウィキペディアより

 

2016年

10月

03日

第9回 Xma's チャリティ・ランチ・コンサートのご案内

 

2008年、あるビジネスグループでの新年会の時、「ミュージックベルをはじめました~」と挨拶にチラッと口走ったところからこのコンサートがスタートしました。

 

そしてその初コンサートのはじめ、司会を頼んだ友人が「それでは第1回・・・を始めます!」と『第1回』と口走ったところから、「それでは10年続けます!」と代表としてあいさつした私は、まだ始まってもいないコンサートの来場者に宣言したのでした(笑)

 

そして、そのコンサートは今年で9回目を迎えます。

毎年、来場者の皆様と共に創り出すこのちょっと変わった?コンサートは、多くの皆様に愛していただき今年も開催することになりました。

 

想いは叶う💓

はじまりは"ほんの少しのきっかけ"から、かもしれません。

 

このコンサートのチャリティ先はメイク・ア・ウィッシュ・オブ・ジャパンです。難病のこども一人一人の夢を1つずつ叶えていくお手伝いをしているボランティア団体です。

よかったら、音の不思議を! 夢の力! を是非ご一緒に味わいましょう♪

お申し込みはこちらからお願いします。

 

2016年

9月

27日

プチリニューアルしました!

「正しい」と「楽しい」今のあなたはどちらを選びたい気分ですか?

「考えて考えて決める」「直感で感じて動く」普段のあなたはどちらの傾向が強いですか?

今日の私は、楽しい方を選択し、感じるままに動いてみました。
プチリニューアルした点は、

1.このブログをはじめたこと。
1.プロフィール写真をスーツ姿からラフな感じのショットにしたこと。
1.トップページのヘッダーの写真とロゴの言葉を変えたこと。
1.訪れてくださった方へのウエルカムメッセージを変えたこと。

以上です。

 

全体的に優しいイメージにしたくなっていじってみました。
プロコーチとして14年目の今の私に提供できることはまだまだありそうです。
どうか必要な方へ必要な分だけ届きますように。

 こんにちは

  鈴木安子です。 

 

お問い合わせはこちらから